プロフィール

大桑 正貴

大桑 正貴(おおくわ まさたか)

昭和48年(1973年)7月4日生まれ 血液型A型

小菅ヶ谷幼稚園卒業
横浜市立小山台小学校入学(5年次夏 大分へ転校)
大分市立大道小学校卒業
大分市立王子中学卒業
大分県立舞鶴高校入学(高校1年次 転校)
神奈川県立大岡高校卒業(高校1年次冬 編入)
神奈川大学第二法学部法律学科入学(夜間)
神奈川大学法学部法律学科卒業(2年次 昼間へ転部)

3浪?!?!?!

市会議員になって1年が過ぎましたが、この1年、学歴について聞かれことが多かったので(あの事件があってからは特に!)改めて、自己紹介をします(主に高校から)。
高校生の頃は親の転勤で、九州の大分にある県立大分舞鶴高校にいました。
そして高校1年生の冬に親の転勤で横浜に舞い戻り、県立大岡高校に編入をしました。 大岡高校に転校してきてから勉強をしなかったせいで、3年間浪人をして神奈川大学の2部(夜間)に入学をしました(法学部法律学科です)。
入学後、夜間で勉強をし、2年に進級をする時に、1部(昼間)への編入試験に合格し、 神奈川大学の1部(昼間)の生徒として卒業をしました!!!
私は、小・中・高・大を通して、大学生の時が1番勉強をしたかもしれません(^^)

政治家を目指した理由!!!

大学時代に地方自治・地域政治を専攻し、そこで恩師にいただいた言葉、「そんなに好き なら君が政治家になればいいじゃないか」、これが私の原点です。
時を同じくして、元サラリーマンで現逗子市長の長島一由氏(当時鎌倉市議会議員) やはりサラリーマンから藤沢市議会議員になられた井手拓也氏の活動に参加し、本当の 「市民政治」の可能性を強く意識するようになりました。その後、私も就職をし、サラリーマン として生活を送ってきましたが、「このままでは政治は変わらない」という文句がよくアタマ をよぎるようになりました。
そこで「まず私が変わろう!」と決断をし、「まず私が変わりました!!!」
当時、今もそうですが、地盤・看板・カバン(資金)はありません。
でも志とやる気は誰にも負けない!そんな想いから出馬を決意し、今に至ります(^^)
私達の暮らす栄区を、横浜を、日本を、ずっと好きでいるために、もっと好きになるために。 そして「あきらめずにやりつづけること」・「新しい政治家像を作ること!」、これが 大桑まさたかの新しい原点です。

アシスト株式会社へ就職
平成14年(2002年)12月アシスト株式会社退社
平成15年(2003年)4月横浜市会議員初当選
平成19年(2007年)4月横浜市会議員2期目当選
平成21年(2009年)9月明治大学専門職大学院卒業

横浜市会議員になってから所属した委員会
平成15年度 : 都計道路下水委員会
平成16年度 : 福祉衛生環境保全委員会
平成17年度 : 市民教育委員会(副委員長)
平成18年度 : 経済観光・港湾委員会(副委員長)
平成19年度 : 道路・安全管理委員会
平成20年度 : 水道・交通委員会
平成21年度 : 経済観光・港湾委員会
平成22年度 : 環境創造・資源循環委員会(副委員長)
平成23年度 : 健康福祉・病院経営委員会 (委員長)
平成24年度 : こども青少年・教育委員会 (委員長)
平成25年度 : 建築・都市整備・道路委員会 (委員長)
平成26年度 : 市民・文化観光・消防委員会
平成27年度 : 健康福祉・医療委員会

趣味 : サッカー、バスケットボール

最新の大桑新聞

※大桑新聞はPDFファイルです。

ご意見・ご要望

ご意見・ご要望など、お気軽にお寄せ下さい。
たくさんのメールお待ちしております。

メールはこちら

ボランティア募集

大桑と一緒になって、泣いたり、笑ったり、喜んだりしてくれる人を募集しています。
興味のあるかたはご連絡をお願い致します。

メールはこちら